【自宅シリンジ法に驚愕】タイミングがしんどい男性朗報!新しい妊活

悩む夫婦

「タイミングの日、夫がダメでうまくいかない…」「タイミング法を意識してから、逆に夜の営みが減っている…」
妊活をはじめてから夜の営みが義務化してる!勃起不全になってしまってタイミングがと取れないなんて方も多いのではないでしょうか。

不妊治療5年目のわたしが今感じることを、お伝えします。

この記事でわかる事
・妊活で男性がしんどいと思わないようにするためには
・妊活で夜の営みを義務化しないようにするコツ
・タイミング法が厳しいと思ったら、迷わず次の行動へ

現在のわたしは45歳、妻は43歳でガッツリ高齢夫婦となってしまいながらも、不妊治療現在進行中のベビ待ち夫婦ww
これまで4回転院して、5年目になります。

様々な経験をしてきたからこそ思う、「妊活って男性はしんどいのか」についてお話します。

なぜ、妊活で男性がしんどくなってしまうのか!?

外国人カップル

男性がしんどいと感じてしまう理由は、夜の営みがスケジュール化してしまうからです。
排卵日が事前に分かると「◯日によろしくね。。」と告げられて、感情や雰囲気などは度外視されてしまい、もはや仕事のような感覚になってしまいます。

ざっくり言ってしまうと、女性は気分が乗らなくても夜の営みは可能ですが、男性はそうはいきません…
さらにタイミングをとれても結果が出ないと、次の月もまた次の月もと考えるようになることで、どんどんプレッシャーにもなります。

実際タイミング法をはじめてから、下記のような状況になってしまった方が多数いらっしゃるみたいです。

・勃起不全(ED)
・夫婦関係悪化
・セックスレス

妊活だけで頭がいっぱいになってしまって、逆に負の連鎖で夫婦関係まで悪化してしまったら本末転倒です…
「ならば、しんどいと思わなくなる方法なんてあるの。。」って気になりますよねww

男性が妊活をしんどいと思わなくなる自宅シリンジ法とは!?

倦怠期夫婦

残念ながら考え方や思い方は人それぞれなので、何をやってもしんどいと思う方もいらっしゃるでしょう。
しかし、少なくともしんどいと思わないようにするために、工夫をしないと妊活は継続していけません。

そこでオススメなのが、自宅シリンジキットです!

わたしも最初はタイミング法でしたが、やっぱり毎月うまくはいきませんでした…
そのなかで知ったのが、自宅シリンジ法。

妻がお風呂に入っている間に、わたしが精子を採取しておきます。
採取してから1時間以内に、妻がシリンジキットで注入するだけ。

タイミングだと厳しくても、自宅シリンジ法だと感情とかいっさい関係ないのですんなりうまくいきます。
また、タイミング法は排卵日の前日・当日・後日と数を踏んだほうが良いので、うってつけなんです♪

自宅シリンジ法のメリット
・タイミングが無理でも、シリンジ法があるから大丈夫という安心感
・精神的ストレスが無くなって、逆にタイミングが取れるようになる
・連日のタイミングが厳しくても、シリンジ法なら可能

吹き出し
でも。。。こんな方法でマジ大丈夫なの?デメリットはないの?

たしかに精度といった部分に関してはなんともいえませんが、実はこの方法で妊娠しているご夫婦が多数いらっしゃるのも事実です。
強いてデメリットをあげるなら、少なくとも自慰行為をしなくてはならないという点でしょう。

しかし価格もお手頃なうえ、旦那さんの負担も減るので、少なくとも「しんどい」という気持ちは軽減できます。
もちろんシリンジキットは妊娠するために使用しますが、まずは妊活に対する精神的負担を減らすのが目的なんです。

妊活で夜の営みを義務化しないようにするコツとは!?

ラブホ

どうしても義務化しやすいタイミング法ですが、それは妊娠目的だけになってしまうからです。
そもそも妊活を意識する以前は、「夜の営み=妊娠のためだけ」なんて思っていなかったはずです。

最初にも言いましたが、男は気持ちが高ぶらないとどうにもならない生き物です。
どんなに忙しくても疲れていても、興奮する状況と雰囲気さえあれば、奮起してしまいます。

オススメの工夫
・夫婦でAVを見る
・自宅ではなくラブホに行ってみる
・旅行などで合わせてみる

えっ〜!と思うかもしれませんが、わたしの一番のオススメは「夫婦でAVを見る」ですww
実は3つのなかでも、これが一番気持ちが高ぶり興奮します。

夫婦でAVを見ることで義務化しない

考える夫婦

AVは、自慰行為のためだけにあるのではありません。
夫婦はどれだけ愛し合っていても、夜の営みはマンネリ化してしまうのが現実です。

AVを夫婦で見ることによって
・妊活のための営みと考えなくなる
・夜の営みの刺激になる
・夜の営みの参考になる

そもそも義務化してうまくいく訳などなく、ゴールを妊娠にしてしまうなんてもっての他です。
目的などは一旦置いておいて、夫婦関係が良好になればおのずと義務化なんてものはなくなります。

ちょっとアホな話に聞こえるかもしれませんが、良かったら是非試してみてください♪

自宅ではなくラブホに行ってみる

ラブホ

笑っちゃうかもしれませんが、これもかなりおすすめです。
いつもと違う環境や雰囲気だと不思議と興奮しますし、妊活のためということも忘れられます。

タイミングの日に時間があって可能であれば、日中からブラブラしながら美味しいランチやディナーでもしてから行くのが良いですね。
つまり結婚前のデートと一緒です。

結婚前に普通にしてたことをするだけで、テンションも上がって義務感など無くなります。

ただしお金もかかりますし、余裕が無かったりできれば節約したいと思っているのなら、アダルトビデオがオススメです。
まぁ〜遊びに行く感覚なので、多少の散財は良いのではと思いますが…

タイミング日に旅行などを合わせてみる

旅行する夫婦

タイミング日に旅行を合わせるのも、良い方法の1つです。
近場の温泉あたりで一泊二日なら、価格もお手頃ですし良い息抜きにもなるので一石二鳥♪

温泉入って美味しいご飯食べたりしながら、リフレッシュした状態で自然にタイミングを取ることができます。
ただし、注意事項があります。

・お酒を飲み過ぎない
・観光し過ぎない
・極端な遠出にしない

お酒を飲み過ぎてしまって、不能になったり寝てしまって朝だったなんてことになったら本末転倒です。
観光もほどほどにしないと、体力消耗してしまい疲労でバタンキューしてしまいます。

また極端な遠出をしてしまうと、万が一タイミングが取れなかった場合に、ものすごく負担を感じてしまいます。
ラブホテルに行ってみる・旅行に行ってみるというのは、無理だった時でも楽しかったから別にいいかと思えるのが良いんです。

機会があれば、義務化しない3つの方法を是非トライしてみてください♪

妊活でタイミング法が厳しいと思ったら、迷わず次の行動へ!

考える女性

色々試してみたけど、それでも旦那さんの負担が大きく、タイミング法がうまくいかないのであれば迷わず次の行動へ移りましょう。
それは不妊治療クリニックで、人工授精や体外受精を検討することです。

これは夫婦でよく相談するというのが前提ですが、治療を開始することでタイミングから一旦離れることができて負担が減るはずです。
しかし、デメリットは精神的負担の代わりに、金銭的負担がかかってしまうという点…

・人工受精→1回20,000円〜30,000円
・体外受精→1回200,000円〜300,000円
・顕微受精→1回400,000円〜
※クリニックによって変動しますが、あくまでも平均価格です。

もう1つのデメリットは決められた日に頻繁に通い、薬も多数使用することです。
金銭的には家計の問題ですが、タイミング法の時と違って今度は奥様の負担が大きくなってしまいます。

5年以上不妊治療を経験しているわたしとしては、夫婦それぞれのカラダの状況をまずは知ることが重要だと考えています。
わたしたち夫婦はタイミング法で妊娠できず、不妊治療専門クリニックに行って、はじめてカラダの状態を知ることができました。

やるかやらないかは別として、クリニックの不妊治療セミナーに参加してみることがオススメです。
だいたいのクリニックがセミナーを月1〜2回行っています。

まとめ:妊活のタイミング法で男性がしんどいと思ったら

まとめ

タイミング法で、たくさんの男性が負担を抱えているのが現実です。
わたしも男性なので、当たり前ですがその気持ちはよく分かります。

子供が欲しいという気持ちがあっても、なかなか思い通りにいかないのが妊活。
だからこそ変なプライドは捨てて、精神的負担を軽減する工夫を夫婦揃ってやってみてください。

まとめ
・自宅シリンジ法を試してみる
・夫婦でAVを見たりしてマンネリ化を防ぐ
・ラブホなどに行って普段と環境を変えてみる
・タイミング日に旅行などを合わせてみる
・人工授精や体外受精を検討する

前向きな理屈ばかりで、裏側にある本音の部分をスルーしているブログを多く見かけます。
わたしは5年不妊治療をして、現在進行形だからこそ知っておいたほうが良いと思うことを記事にしてます。

この記事を読んでいるあなたの思いと、わたしたち夫婦の思いは一緒です。
「赤ちゃんが会いたい…」

あなたの元に、早くコウノトリが到着するのを願っています♪

タイトルとURLをコピーしました